八嶋倉庫について

ご挨拶

このたび、歴史と伝統あるこの八島倉庫の新社長という大役を仰せつかりました。
私は、平成元年4月1日に八島倉庫に入社し、現場を兼務しながらの常務としてスタートし、平成9年からは財務を担当することとなり、合わせて常務で15年間、その後、専務として16年間の経験を積んで参りました。
これからは、社長という立場で、よりわかり易く会社を代表する顔として、社業、地域を盛り上げられるよう励んでまいりたいと思います。

さて、私には、これまでの経験やいろいろな学びの中から、たどり着いた考え(教訓)が2つあります。

1つ目は『現状維持は破滅となる』と言う類(たぐい)の教訓であります。『昨日・今日・明日、同じことをやっていては取り残され、滅びる』なぜかと言えば、皆さんご承知のとおり、世の中や環境は日々刻々と変化しているからです。皆さんよくご存知のチャールズダーウィンの進化論でも『一番強いもの、一番賢いものが生き残るのではなく、環境の変化に機敏に対応するモノこそが生き残る』と記しています。 『全てがそうだ』とは言い切れませんが、会社の内外問わず、とても当てはまる部分が多いと思っています。

もう1つは『仕事には厳しく、人には優しく』という教訓であります。これも自分の仕事環境や自戒の念も含まれますが、様々な活動を通じて学んできた事だと思っています。あらゆる立場、そしてそれぞれのポジションで人望のある方は、ほぼ例外無く、仕事には厳しく、人にはとても寛容である方が多く、人の批判をされない方が多いと言う事であります。

私はこれまでの経験を活かして、この2つの教訓をモットーに、八島倉庫のルーツである北前船の頃からの伝統と革新の調和(融和)、その歴史の上に立って、社会に寄与し、事業の発展を図って参りたいと考えています。

現在、新型コロナウイルス感染症など、厳しい局面をしっかりと認識し、ともに力を合わせ、明るく・元気に・根気よく、この困難を乗り切る覚悟でございますので、皆様のご理解、ご支援、ご協力をよろしくお願いすると共に、これまでの八嶋祐太郎社長のご功績に感謝、お礼申し上げ、社長就任の挨拶といたします。

代表社員社長 八嶋 浩久

代表社員社長 八嶋 浩久

代表社員 社長

八嶋 浩久

経営理念

私たちは、感動あふれる仕事を行う"物流の達人"を目指します。

感動あふれる仕事とはなんでしょう? 時代は刻々と変化します。
同じサービスの提供が次々と陳腐化する今、お客様の気持ちになったその時期よりも、今の満足よりもさらに一歩先をいく仕事、それが感動あふれる仕事と考えます。そしてそんなサービスの提供を常に行います。
達人とは"知識" "技術" そして"情熱あふれる"人を指します。 そんな集団を私たちは目指しています。


私たちは、イキイキと働く社員のいる会社を目指します。"真 善 美" を胸に "和" の心を大切に。

会社は社員の幸せのために存在します。社員がイキイキと働けるよう皆で努力します。真善美は価値観です。

  • 毎日の仕事が真実なのか?
  • まさかうそをついていないであろうか?
  • それは善いことなのか?
  • 悪いことをしていないであろうか?
  • そして美しいことなのか?

を考えながら行います。
全員で目指すものは社内の和です。一人が皆を助け、皆が一人を助ける気持ちは忘れません。
一人ひとりが尊敬と感謝の心を持ち、成長しあい、明るい人間関係を築くよう努力します。


私たちは、お客様の安心を積み重ねながら、"お役に立つ企業" を目指します。

私たちはお客さまの大切な財産をお預かりしています。
そのためにも、お客様の安心を高めることこそがお客様への、社会への貢献(あなたのために働く)であることを決して忘れません。
そしてもっとお役に立てることとは何だろうを考え続けます。

会社概要

かたちあるもの、すべてのために。

かたちあるもの、すべてのために。

たゆみなく生産される物質と、それらを日夜消費する巨大な市場。高度消費経済とも称される現代社会 において需要と供給のバランスを整え、生産価格・市場価格を安定させ、ひいては流通機構そのものの効率化を促す倉庫業への期待は、高度化、多様化の兆しを見せています。
こうした時代にあって私達八嶋合名会社は、昭和七年設立以来の豊かな経験と、着実な業務を通しての実績を基礎に、数多くの荷主様からのご期待に応えてきました。
現在3ヵ所に設けた倉庫を拠点に、荷役の合理化、設備の近代化、そして情報化社会への対応を図りつつ、新しい時代に向けて戦略を着々と進めています。

動画で知る八嶋倉庫

射水ケーブルネットワークのプログラム、「射水の会社ココ凄っ!」で放送された八嶋倉庫の紹介動画です。
弊社本社新倉庫・六渡寺営業所・富山新港第2倉庫などの作業風景や倉庫の特徴について紹介されています。

音声で知る八嶋倉庫

FMとやま・レディオ・ジャーナル〜がんばる富山 の元気企業」に弊社代表社員会長八嶋祐太郎が出演ました。弊社の生い立ちから倉庫業・物流業の仕組みなど様々な視点でのトークをお聴きいただけます。


八嶋合名会社

商号 八嶋合名会社
創業 明治25年
会社設立 昭和7年12月10日
代表者 代表社員 会長 八嶋 祐太郎 / 代表社員 社長 八嶋 浩久
資本金 3,000万円
所在地 富山県射水市庄西町2-4-16
電話 / FAX TEL:0766-84-3173
FAX:0766-82-4770
事業内容 倉庫業
貨物自動車運送業
損害保険代理業
主要取引先 中越パルプ工業(株)高岡工場 / 中越ロジスティクス(株)/ (株)上組/ 日本通運(株)富山支店 / 全農富山県本部 / 県内JAグループ(JAとなみ野・JA福光他)/ 東亜薬品(株) / 日本パレットレンタル(株) / トナミ運輸(株) / ヤマト運輸(株) / (株)あいち研醸社 / 日産物流(株) / 小野田化学工業(株) / 住友ゴム工業(株) / 香栄興業(株) / (株)大久保製壜所(順不同)

八島倉庫株式会社

商号 八島倉庫株式会社
会社設立 昭和54年3月2日
代表者 代表取締役  八嶋 浩久 / 八嶋 祐太郎
資本金 1,000万円
所在地 富山県高岡市石丸705-3
電話 / FAX TEL:0766-84-3173
FAX:0766-82-4770
HP URL 北陸イーソーコについてはこちら
免許 宅地建物取引業者免許 富山県知事(3)第2736号
事業内容 倉庫業
不動産貸付業
宅地建物取引業
不動産の売買、賃貸、管理、保有ならびに運用
加盟団体 (社)富山県宅地建物取引業協会
(社)全国宅地建物取引業保証協会

各拠点へのアクセス

八嶋倉庫:本社・本社営業倉庫
八嶋倉庫:本社・本社営業倉庫

〒934-0001
富山県射水市庄西町2-4-16
TEL:0766-84-3173
FAX:0766-82-4770

八嶋倉庫:本社新倉庫
八嶋倉庫:本社新倉庫

〒934-0001
富山県射水市庄西町2-4-16
TEL:0766-84-3173
FAX:0766-82-4770


八嶋倉庫:六渡寺営業所
八嶋倉庫:六渡寺営業所

〒934-0001
富山県射水市庄西町1-17-18
TEL:0766-82-2552
FAX:0766-82-7243

八嶋倉庫:富山新港第1倉庫
八嶋倉庫:富山新港第1倉庫

〒934-0095
富山県高岡市石丸705-3
TEL:0766-82-3178


八嶋倉庫:富山新港第2倉庫
八嶋倉庫:富山新港第2倉庫

〒934-0095
富山県高岡市石丸704-13
TEL:0766-84-8188

八嶋倉庫:富山新港第3倉庫
八嶋倉庫:富山新港第3倉庫

〒934-0095
富山県高岡市石丸704-13
TEL:0766-82-6544
FAX:0766-50-8544


八嶋倉庫:富山新港第4倉庫
八嶋倉庫:富山新港第4倉庫

〒934-0038
富山県射水市津幡江738-1

沿革

明治25年 北洋漁業を生業として創業
昭和7年 北洋漁業部門の日魯漁業(株)への合併を機に倉庫部門を分離独立。 八嶋合名会設立。当時としては画期的な鉄筋コンクリート造倉庫を建設。 農林水産省指定倉庫として政府米を中心に、肥料・海産物・セメントなどの 寄託を受け事業を拡大する
昭和29年 六渡寺倉庫に低温設備を付設
昭和38年 伏木港の発展に併せて保税蔵置場・植物防疫所の指定を受け、食糧の輸出入に伴う多様な業務を行う
昭和53年 富山新港流通基地に富山新港営業所第1倉庫を建設
昭和62年 既存の六渡寺倉庫に隣接して、最新鋭設備の低温倉庫を建設
平成9年 富山新港営業所に第2倉庫として移動式ラック倉庫を建設 平成9年 第2倉庫として移動式ラック倉庫を建設
平成10年 富山新港営業所第2倉庫に平屋倉庫を増設し保管能力強化
平成18年 本社営業倉庫に隣接して本社新倉庫が竣工 平成18年 本社新倉庫が竣工
平成19年 富山新港営業所第1の敷地に野積倉庫(テント張り)増設
平成23年 富山新港営業所第2倉庫に隣接して富山新港第3営業所を開設
7月より本格的に、物流加工業務を始める
平成26年 射水市津幡江商工企業団地内に富山新港第4営業所を開設。

pagetop